外貨FXのリスクについて

外貨FXは別名外国為替証拠金取引や通貨証拠金取引ともいい、広く知られるようになってきています。外貨預金よりも効率のよい金融商品として最近行う人が増えているようです。円を売る取引からも開始することができることや、少ない資金でも大きな為替差益を得ることができるなど、利点は様々です。為替差益やスワップポイントなど、取引で得た利益には決済期限がないのも長所の一つですが、これは時に危険を招きます。取引する会社の信用状況により預入資産の一部か全部が返還されない場合があります。

 

個人の場合、外貨FXはFX企業の顧客となり、取引を行なう形になります。このため、取引先のFX企業が倒れた場合、預け入れた資金や利益が戻ってこない場合もあります。外国為替証拠金取引ではFX企業の信用力をも考えに入れて行なう必要があるわけです。今外貨FX取引をしている会社は200以上あると言われていますが、半分以上は信用リスクが伴う会社だといわれています。

 

また、外貨FX取引は必然的に為替の変動による危険性をも有しています。外国為替市場における通貨の値動きが自分の予測と反対になってしまえば損失を被るわけです。小さな元手で大きな取引ができることを特徴とする外貨FXにおいては、損失が出る場合にも大きな額になってしまいかねないのも危険性としてあげられます。外国為替市場は流動性の高いマーケットであるという流動性リスクもあるといえるでしょう。外貨FX取引で利益を手にするには、大小さまざまのリスクがあるということを頭に入れておきましょう。

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク