外貨FXと為替証拠金

FXで外貨の為替取引をする人が昨今増えていますが、FXは外国為替証拠金取引ともよばれています。外貨FXとはどのようなものなのでしょうか。外貨FXは外貨の売買を行う取引のことを指しており、日本円以外の通貨、例えば米ドルやユーロなどを扱います。利益を出す仕組みとしては外貨預金や外貨MMFなどと似てはいますが、現物で為替を売買するわけではありません。為替を売買したことにして利益を計算するという点が外貨預金とは違います。

 

外貨FXはレバレッジ効果というものを特徴としています。前もって取引用の証拠金を入れておき、実際の何倍もの取引を行うものです。多額の資金を要する取引でも、レバレッジ効果を用いれば少ない資金で行なうことが可能です。外貨FXでは為替証拠金の入金額よりも取引額を大きくすることができるので、利益も損失もかなり大きなものとなります。外貨預金では普通、取引は円を売るところから始めることになりますが、外貨FXでは円を買う形で始めることができます。

 

あたかも外貨を所持しているかのように、外貨売りの取引を始めることもできます。円高局面が予想される場合でも、外貨FXなら為替差益を得るチャンスがあるということになります。為替差益を大きく見込めることが、商品としての外貨FXの人気の源ですが、逆に損失を被る場合も大きな額になりがちですので、為替の取引を行なうことにした場合には注意せねばなりません。

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク